2014年12月の絵 -絵の上達記録-

絵の上達記録>2014年12月

2014年12月

12月02日

小説、ダンガンロンパ霧切3巻を読んだ記念に描いたものだと思う。上は小説での相方である五月雨結、、下はゲームダンガンロンパ主人公である苗木に向かって言葉を投げかけているという設定。いつもラフばかり書いて塗りの練習をしてきていないので、塗りに関してはここに至るまでほぼ成長していないと思う。

12月04日

ダンガンロンパ霧切3巻の感想ページに最初に掲載したもの。この時期はまた初心に戻って頻繁に霧切を描いているため、せっかくだからと、感想ページに掲載している絵は何度か入れ替わっている。

12月15日

なんかとんがった帽子みたいのを被っているキャラはギルティギアXrdのキャラ、エルフェルト=ヴァレンタインのつもりだ。似てなくてひどい。ていうかギルティギアのキャラはどれも装飾が過多なので、手出すのは早い気がしていた。

12月16日

変わり映えのしないラフ多数。なんか11月の奴のほうが色々とマシのような…。

12月17日

刀持ったキャラはこの当時見てたアニメ「アカメが斬る!」の主人公のアカメ。多分模写?いわゆる刀娘。黒髪ロングの少女に刀が合うのはなんでだろうか。左のはWiiUで使えるamiiboのマルス(ファイアーエムブレムのキャラ)を見ながら描いたもの。

映画「トランセンデンス」の感想ページに描いたもの。誰が何と言おうとモーガン=フリーマンだ。だってモーガン・フリーマンって書いてあるからな!

12月18日

初めてSAIを使って描いた絵。ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生の感想ページに掲載した江ノ島盾子。よく覚えているのだが、SAIを使ってみてphotoshopとは比較にならないほど描きやすいことに驚きがあった。だからこれを描いたときはテンション上がってた。

12月19日

こちらも続けて描いた江ノ島盾子だろう。仰向けのキャラにおおかぶさり怪しい笑いを浮かべるというよくわからないシチュ。左上と右上にあるのは別レイヤーにあったものを縮小してみたものだがこれもよくわからんポーズ。

12月23日

絶対絶望少女の感想・評価ページに掲載したもの。苗木こまるが兄、苗木誠に再会して飛びつく、というシーンを想像したもの。この場合、足は伸びてないとおかしいよなあ…と描いてから思ったし、今でも思っている。

12月26日

江ノ島盾子、そしてダンガンロンパシリーズの象徴であるモノクマ。この頃はまだ選択ツールで選択してからバケツ塗りとかしておらず、普通にペンで塗っている。

この時期はやたらと江ノ島盾子を描きまくっている。足組みポーズ。そして右上はまたエルフェルトヴァレンタインだろうか。帽子がなければそれと分からないレベルである。お前には描けないのでやめておけ、とこの時の自分に言ってやりたい衝動に駆られる。左下は何か強大な敵と対峙した、というようなシチュで描いたアオリアングルでパースを意識したものだと思う。

ダンガンロンパシリーズより朝日奈葵。今まで描いていないのに唐突に出てきたが、ゲーム「絶対絶望少女」の設定資料集を購入したら掲載してあった設定イラストを見て描きたくなり、描いたものだ。周囲にあるのは一応ドーナツのつもり。

2014年を締めくくるのはなんか凄いあっさり描いたっぽいローアングル霧切だ。多分、ゲーム中で苗木の部屋に入ってきたところのシーンを意識して描いたんだと思う。にしても塗りがのっぺらすぎる。

まとめ

原点回帰とばかりに、ダンガンロンパの絵がほとんどとなっている。12月18日からはSAIを使うようになっている。photoshopより段違いに描き心地が良かったために気が乗ったのか、今までと違い積極的に色を塗るようになってきているのが分かる。

成長記録

絵の上達記録>2014年12月