2015年7月の絵 -絵の上達記録-

絵の上達記録>2015年7月

2015年7月

07月02日

先月末に1997年発売の「侍魂」のキャラの色を描いていたが、これもサムライスピリッツより。2003年発売のサムライスピリッツ零で登場の真鏡名ミナだ。弓使い、露出多い、褐色、辛気臭い性格、と特徴的なキャラ付けがされていて、ナコルルの対極として造形されたというのは有名。

07月03日

これまでも何回か描いてるが、2015年で最も楽しみに見ているアニメ、ニンジャスレイヤーフロムアにメイションよりヤモト=コキ。初登場エピソードである「ラスト・ガール・スタンディング」以降、ソウカイヤからヤモトサンは狙われている設定だと聞いたので(原作は読んでいないニュービーなのだ)、それをイメージしたもの。偶然にも、これを描いた直後の放送、13話でそういう境遇におかれているヤモトサンがシルバーカラスサンに出会うエピソードをやったので少し驚いた。

07月04日

色々練習。エロいポーズやら手の練習やら。右上のはノスタルジックなイラストとしてよくある、「少女が大らかな自然風景に佇んでいる」やつだ。青空を女子高生が見上げてるって感じだ。特に夏になると確かにこういうものに何か情緒を感じ、切なくなってしまうものはある。左上は久しぶりに描いた霧切響子。

07月05日

6月中旬にFF7のフルリメイクが発表されたことに刺激され、今更ながら描いているティファ・ロックハート。躍動感のあるポーズを描いたつもりだったのだが、どうも顔が思ったようなものにいかなかった。

07月06日

こっちもFF7のティファ。基本的にラフばっかり描いてるのでこれじゃいけないと丁寧に描いた絵。つくづく、ラフだからなんとなくマシに見えるんだなと痛感した…。本来なら手甲つけてるので微妙に誰これになっている。

07月07日

こっちはFF7主人公のクラウド・ストライフだ。剣を振りかぶるアクション。腕から肩にかけての筋肉や稼働域の把握の難しさを痛感し、脚がみじけえ!と随分描いてから思った絵。それと鈍い金属の塗りってのも難しい…。

07月09日

もういっちょティファ。斜めアオリのバストアップ。バストアップなのだからバストが強調されなければ、と思いつつもどうも立体に違和感のあるものに。

もういっちょティファ。こっちは7月7日のクラウドのものと対にする感じにし、二人並べたかったのだが、クラウドの方が脚が短くなってしまったので違和感凄まじく、結局一緒にはしなかった。

07月10日

ストリートファイターより春日野さくら。随分時間かけて描き、健康美と躍動感を表したかったのだが、とにかく塗りがのっぺりしててヘタクソすぎるなと痛感。手前味噌ながら、色塗り上手い人が仕上げてくれればそこそこなものになったと思う。

春日野さくらその2。そもそも顔の描き方自体が安定しておらず、描くたびに違った顔になるな…と思ってたところなので適当に顔を描いていたらそのまま上の流れでこのキャラになってしまったもの。肩幅に違和感が。

07月11日

真正面から描いた場合と斜めから描いた場合も別キャラになってしまうんじゃ?ということであるキャラを複数方向から描いたりした。あと、鼻の描き方で全く別の絵柄になるなと思った。左上の2つは同じに見えるが、鼻の描き方を漫画系とちょいリアル系で描き分けてみたもの。

07月12日

この日は、「CLIP STUDIO PAINT PRO」の試用版をインストールした日。今まではSAIで描いてきたのだが、こっちのほうが遥かに描きやすく、早くこっちにしておけばよかったと痛感。多機能なのは当然として、筆の入りと抜けがSAIと比べると全く違った。そしてツールを変えて初めて描いたのは原点である霧切響子。自室にて捜査を終えて整理している、というイメージだ。座りポーズを横、俯瞰から。

07月13日

「CLIP STUDIO PAINT PRO」は漫画を描くための機能もたくさんある。トール貼りなんかが基本中の基本だろう。これは影部分をトーンで表現してみた、KOFシリーズよりK'。うぜえとかだりいとかばっか言ってる印象のやんちゃ坊主だ。やっぱ格ゲーキャラ描くのって楽しい。

07月14日

スタイルのいいお姉さん(オリジナルキャラ)を描いたり、上のK'からの連想で同じくKOFよりクーラ・ダイヤモンド。後はアダル〜トな感じの絵が2つ。

07月16日

14日に引き続き、版権キャラでなく適当に思いついた黒髪ロングのお姉さんキャラをトーンを使った絵で描いたもの。オリキャラをそれなりに丁寧に描いて仕上げたというのは実はこれが初だったり。

07月17日

去年の今頃にやっていたアニメ「アカメが斬る!」より準主人公的な存在のアカメ。ネクタイを取って胸元をはだけさせた感じに。こういう俯瞰だと、脚が難しいとよくわかった絵。かなり時間をかけて修正に修正を重ねたのだが、それでもやっぱり脚がおかしい。違和感をぬぐえない。誰か…誰か正解をください。それと何かを握っている手もめっちゃ難しい。いや、もう全部難しい。泣きたい。

07月18日

ダンロン霧切さん。トレードマークの手袋を外して口にくわえてるというもの。どういうシチュだよ。

07月19日

平本アキラ原作、「監獄学園」より裏生徒会書記の花ちゃん。お小水暴力系ヤンデレという類を見ないキャラ付けだけどマジ乙女で可愛い。そしていつか平本アキラばりに絵上手くなりたい。

07月20日

「終わりのセラフ」よりヒロイン柊シノア。脚をお下品にも開いて、でも見えはしない絶妙なエロスを狙った。つもり。

07月21日

余湖裕輝が描く、ツイッターで無料公開されているコミック版ニンジャスレイヤーで始まったスリー・ダーティー・ニンジャボンドのイメージイラスト、みたいな感じ。このエピソードのヒロインのワタアメはpixivとかでも全くイラストが存在しない知名度の低いキャラである模様。

07月22日

ポーズ練習ラフ。左下のは脚を広げて重心を低くし、広くスタンスを取った構えを後方上から見た、というもののつもりだが、脚の角度や左足の見え方などがよくわからず、本当に迷った。

07月24日

バストアップ練習。右利きの場合、左向きのキャラが描きやすい。右向きと左向きで同じ顔つきにならない…。

07月26日

ポーズラフ。中央のは同じポーズをデフォルメにしたら、と思って描いたもの。上と左上のは女が男を誘惑、といったシチュ。

07月29日

江ノ島盾子。最近色塗ってないので塗った。上手い人ほど選択ツール使ってのベタ塗りをしない傾向がある(ような気がする)ので、手塗りしてみた。やっぱり面倒な上に汚いので自分は背伸びせずベタ塗りしようと思いました。

07月30日

今度は霧切響子。アオリを意識したもの。左腕はこうなるのか?少し大きすぎないか?苦悩したがこんな感じに落ち着いた。手は広げて太ももに添えると太ももと同じくらいの横幅にはなるので、アオリ、俯瞰の場合はそれが一つの目安だろうか?

成長記録

絵の上達記録>2015年7月