オベリン・マーテル -ゲーム・オブ・スローンズ登場人物解説-

凡人の感想・ネタバレゲーム・オブ・スローンズ相関図付き登場人物解説>オベリン・マーテル

人物解説

ドーンの最上位の家柄であるマーテル家に属する。当主ドーラン・マーテルの弟だが、ドーランとは違い奔放で解放的。相性の良いエラリアを愛人に持っている。オベリンとエラリアはシーズン4でジョフリーとマージェリーの婚儀のために王都キングズランディングにやってきたが、オベリンにはある目的があった。
それは姉エリアの復讐。ロバートの反乱においてエリアはグレガー・クレゲインに凌辱された上に殺された。エリアの子供までも殺された。

ジョフリーとマージェリーの婚儀の最中でジョフリーが暗殺され、その容疑者はティリオンとなるが、ティリオンは決闘裁判を要求する。ティリオンと親しいジェイミーもブロンも立場上代理にはなれないが、対戦相手となるのがグレガーなのでオベリンはティリオンの味方をして代理で決闘裁判に出場することにする。

人間離れした強さのグレガーに対して上手く立ち回り、重傷を負わせてダウンさせ、もはや勝ちは目前だったが、姉への罪を告白させるためにとどめを刺さず痛めつけたのが災いして逆転され、頭を潰されて死んでしまう。
その後はオベリンの出番はないが、愛人のエラリアがオベリンの仇を討つため、後にミアセラを殺してしまう。

相関図

オベリン・マーテルとその関わりの深い人物との相関図
名前 解説
グレガー・クレゲイン ラニスターに仕える騎士。オベリンの姉エリアとその子の仇。ただ殺すだけではなく、凌辱して殺したためオベリンの恨みは極めて深い。ティリオンの決闘裁判で代理として出場して一度は倒すも、姉エリアへの行為を告白させようとしている間に隙を突かれて馬乗りにされ、顔面を潰される。
ティリオン・ラニスター シーズン4でジョフリー殺しの容疑者となり決闘裁判の申し出るも、誰も味方してくれず自ら出場する羽目になりかけていたが、オベリンは味方してくれた。
ドーラン・マーテル オベリンの兄でマーテル家当主。オベリンとは違い保守的。だがそれが災いし、後にエラリアに殺されることになってしまう。
エラリア・サンド オベリンの愛人。情熱的な性格で、オベリンとは非常に仲が良い。互いにバイであり、共に娼館で男娼と娼婦の両方を買って楽しんだ。グレガーにオベリンが殺されてからはラニスターに深い恨みを持ち虎視眈々とラニスターへの復讐を狙う。

シーズン4での動向

1話

初登場。マーテル家のプリンスでドーランの名代として王の結婚に出席するために王都に。王都に来たらさっそく娼館へ行って遊んでいた。オリヴァーにも目を付けるが、その途中でラニスターの唄が聞こえてきたため敏感に反応してその客のところへ。ラニスター兵の手首に腕を突き刺す。以前は姉エリア・マーテルとレイガー・ターガリエンの婚礼の時に王都を訪れたという。その姉、甥、姪は全てグレガーに殺されたため復讐しに来たというのが真の目的だった。

2話

婚姻の宴の最中でタイウィンとサーセイにエラリアを紹介する。そして自分の姉が殺されたことを暗にほのめかして嫌味を言う。

3話

エラリアと揃ってバイなので娼館でエラリア、オリヴァーと同時にまぐわう。その時にタイウィンが会いに来る。タイウィンは自分を疑っているが、タイウィンが命令してグレガーは姉エリアを殺したのだと責めるが、タイウィンは命じたわけではないと答える。ならばとグレガーと会うように要求する。するとティリオンの裁判の裁判官になるように言われ、さらに小評議会の一人になるようにも言われる。ティリオンの裁判を正しく行えばグレガーとの因縁を解消するためにも手伝うとも言われる。

5話

外で詩を書いていたところでサーセイと会う。自分の子供の一人に死んだ姉の名前をつけたが、呼ぶたびに悲しくなると言う。力があっても愛する者は守れないかもしれないが復讐はできると言う。ミアセラを心配するサーセイに「ドーンでは少女を傷つけない」と言って安心させる。

6話

メイス同様、新たな小評議会メンバーとなる。デナーリスの話を聞き、穢れなき軍団の働きぶりを見たことがあるが素晴らしかったと賞賛する。その後ヴァリスと会話。世界を知らずに人生を終えたくなかったので各地を旅したという。「男にも女にも興味がない、欲望がこの国にしたことを思えば、何にも興味がないことは実に好ましい。そしてその代わりに他のものを追い求めることができる」と言う。そして玉座を見て、その意思を示す。ティリオンの裁判では裁判官を務める。

7話

牢に入りティリオンと会う。昔にキャスタリーロックでティリオンが赤子の頃に見た時の話をする。その時、ティリオンが噂ほど怪物のような見た目ではないということにガッカリしたという。その話の後、姉の仇を討つため、グレガーの相手をする。自分が決闘裁判に出るとティリオンに言う。

8話

決闘裁判でティリオンの代理としてグレガー・クレゲイン、マウンテンと復讐のため戦う。一度は倒してほとんど勝利するも、姉を殺したことを白状しろと責めてトドメを刺さない間にグレガーに足をつかまれて頭を潰されて殺される。

凡人の感想・ネタバレゲーム・オブ・スローンズ相関図付き登場人物解説>オベリン・マーテル