オレナ・タイレル(オレナ・レッドワイン) -ゲーム・オブ・スローンズ登場人物解説-

凡人の感想・ネタバレゲーム・オブ・スローンズ相関図付き登場人物解説>オレナ・タイレル(オレナ・レッドワイン)

人物解説

リーチのタイレル家の領主であるメイス・タイレルの母親。狡猾で計算高い性格で、娘のマージェリーやロラスのためならば他を犠牲にしても厭わないと考える人物。
ティリオンの事は「噂に聞いたより大したことはない」と言い捨てるが、タイウィンに関しては「噂以上の人間というのはなかなかいない」などと言って感服して敬意を示すシーンもある。
シーズン4において、御しがたいジョフリーを危険だとしてピーターと共謀して暗殺する。これはマージェリーも知らなかった。

マージェリーを排斥しようとするサーセイとは対立し、シーズン5では再びピーターと組んでランセルにサーセイの罪を証言させてサーセイを牢に入れることに成功する。だが、サーセイは大聖堂を爆破してマージェリー、ロラス、メイスなどを全て焼き尽くしてしまう。

シーズン7ではサーセイの企みにより、タイレル家の本拠ハイガーデンに攻め入られ、その財を奪われる。ジェイミーに対して「サーセイが思いもよらないほど邪悪だった」と語り、ジェイミーに渡された苦しむことなく死ねる毒を飲んでから、「ジョフリーを殺したのは自分だ」と白状し、サーセイへの最後の仕返しをした。

相関図

オレナ・タイレル(オレナ・レッドワイン)とその関わりの深い人物との相関図
名前 解説
マージェリー・タイレル 孫娘。ジョフリーとの結婚などにあたっては様々なアドバイスをする。
ロラス・タイレル 孫。直接的な会話シーンなどは無いが、オレナはロラスがハイ・スパロウの力により牢に囚われてからは解放しようする。
メイス・タイレル 息子。タイレル家の本拠ハイガーデンの当主だが、オレナは息子を愚鈍として低い評価を下している。
ジョフリー・バラシオン マージェリーの婚姻相手だが、凶悪で邪悪な王であるため、オレナはピーターと共謀して暗殺した。このことは実行前はマージェリーにも黙っていた。
サンサ・スターク マージェリーの前のジョフリーの妻。ジョフリーがどんな王なのかと、オレナはサンサに直接聞いた。聞かれたサンサはジョフリーを「怪物」と評した。
サーセイ・ラニスター マージェリーが王都で権力を持つことを嫌っているため、オレナにとっても敵。シーズン6で上手く罠にはめたと思われたが、サーセイは全てを焼き尽くすという反撃を行い、マージェリーもロラスもメイスも死んでしまう。オレナはサーセイがそこまで凶悪だとは思っていなかったと、サーセイの弟のジェイミーにこぼした。
ジェイミー・ラニスター サーセイの双子の弟。シーズン6でオレナがいるハイガーデンを落としに攻め入ってきた。目的はハイガーデンの財を奪い、王都が抱える借金を返すため。城を制圧したジェイミーは温情としてオレナに楽に死ねる薬を渡した。それを飲んでからオレナは「自分がジョフリーを殺した」と白状し、サーセイに屈辱を与えることを最後の抵抗とした。

シーズン3での動向

2話

初登場。マージェリーからサンサを紹介される。サンサにジョフリーはどういう人物であるのかを聞き出そうとする。サンサがジョフリーは怪物だと言うと「マージェリーは別の男と結婚する」と言う。

4話

サーセイと話す。ロバートの反乱では自分の息子は安全なところにいただけだと言う。ヴァリスが会いにきたので警戒する。ヴァリスからピーターがサンサを使って権力を得ようとしているという話を聞く。

5話

ティリオンから王の婚礼の出費が多すぎると苦言を呈される。しかしタイレル家から大量の兵と食料を提供していることを出して皮肉を言う。婚礼は民衆の憂さ晴らしにもなるから必要だとティリオンに言う。

6話

タイウィンと会話。ロラスとサーセイの結婚は「あり得ない」と拒絶。男色には寛大だが、「姉弟で結ばれるのは流石にハイガーデンでも認められない」とサーセイとジェイミーのことを咎める。サーセイが子供を産むのは遅すぎるとも言う。タイウィンがロラスをキングズガードに叙任してロラスが子供を作れないようにしようとしたため、「評判通りの男とは珍しい」とタイウィンの容赦ないやり方に敬意を抱き、サーセイとロラスの結婚をやむなく認める。

8話

スターク家とタイレル家とラニスター家が婚姻することで色々な関係が生まれることをロラスに語る。

シーズン4での動向

1話

マージェリーの結婚式のための最高の首飾りを用意しようとする。

2話

タイウィンと会話して金の話をする。サンサにはロブの件で「婚礼の宴で人を殺すなんて怖ろしい。そんなことをするのは怪物だ」と話すが、自分自身も今回のジョフリーとマージェリーの宴でのジョフリー暗殺の首謀者だった。

3話

ジョフリーが死んだことで動揺するマージェリーを慰める。御しにくいジョフリーが死んだことは結果としてマージェリーにとって良いことだと言う。

4話

ハイガーデンに帰ることにする。サーセイは邪悪だがバカではないから注意しろとマージェリーに忠告する。そして自分がジョフリーを殺しの首謀者であることも教える。

シーズン5での動向

6話

マージェリーに呼ばれて王都へと到着する。ロラスが捕まったことでサーセイと会話。ロラスを解放しないなら財政援助をやめてもいいと脅すが、サーセイはロラスがじきに解放されるだろうと言うので引き下がる。

7話

マージェリーもロラスも捕らえられたことで怒り、ハイ・スパロウに直接会いに。買収しようとするも、金が目的ではないハイ・スパロウを抱き込むことに失敗する。その後はピーターと娼館で話す。ピーターがランセルを差し出し、ランセルが証言したことでサーセイも地下牢に投獄されることになった。

シーズン6での動向

3話

小評議会に出席する。サーセイに「女王はマージェリー、あなたは太后と女王を混同することがある」と皮肉を言って、サーセイには女王のような権力があるわけではないことを強調する。

4話

サーセイから、マージェリーは民衆のまえで辱めを受けると言われ、そんなことをさせないと言う。ジェイミーとサーセイが提案した、「タイレル家の力を借りてマージェリーを救出する」という作戦に賛同する。

6話

マージェリーを救出するために軍が集まってきたところでオレナもいる。だが、トメンがハイ・スパロウ側についてしまったことで「あの男にしてやられたのよ」とメイスに言う。

7話

ハイ・スパロウに感化されてしまったマージェリーに戸惑い「正気を失ったの?」と問う。マージェリーから故郷に戻るように促される。しかしこの時、マージェリーから薔薇の描かれた紙を渡されており、マージェリーはまだタイレル家のために動いていることを理解する。
ハイガーデンに戻る前にサーセイが会いに来る。手を組もうというサーセイに「孫たちが投獄された時私を見てあざ笑ったのを忘れることはない。あなたはハイ・スパロウに負けた。それだけが私の喜びだわ」と語る。

10話

ドーンでエラリアと話す。手を組むように提案されるが、息子も孫息子も殺されたのでもう生き残ることなどどうでもいいと言う。そこに現れたのはヴァリスだった。

シーズン7での動向

2話

ヤーラやエラリアと同じく、孫娘を殺された怒りから王都へ対する強硬手段に賛同する。デナーリスと二人きりで話し、平和は長くは続かない、生き残るためには賢い男(ティリオン)の言うことも無視しろとアドバイスする。

3話

本拠ハイガーデンにいたがジェイミー率いるラニスターの大軍に落とされる。落ちた城の中でジェイミーと話す。狡猾な自分でも思いも及ばないほどサーセイが邪悪だったとジェイミーに言う。苦しまない毒を飲んで死を選ぶが、毒を飲んでからジョフリーを殺したのは自分だと白状し、サーセイに伝えるようにジェイミーに当てつける。

凡人の感想・ネタバレゲーム・オブ・スローンズ相関図付き登場人物解説>オレナ・タイレル(オレナ・レッドワイン)