オシャ -ゲーム・オブ・スローンズ登場人物解説-

凡人の感想・ネタバレゲーム・オブ・スローンズ相関図付き登場人物解説>オシャ

人物解説

野人で、ウィンターフェル付近でロブ、シオンとはぐれたブランを襲う。しかしロブとシオンにそれを阻止され、命と引き換えにスターク家の召使となる。それ以降はほとんどずっとブラン、リコンの面倒を見るようになり、2人への情も深まっていく。しかしブランの壁の向こうの旅には同行せず、リコンを連れてアンバー家のラスト・ハース城へ向かう。シーズン4、5ではリコン共々出番はない。シーズン6で久しぶりに登場するが、スタークと敵対するボルトン側についたアンバー家によりラムジー・ボルトンの前に差し出される。誘惑してラムジーを殺そうとするがラムジーには見破られ、逆に殺される。シーズン1〜3ではかなり出番が多い人物であるにもかかわらず、最期はあっさりと退場してしまう。

相関図

オシャとその関わりの深い人物との相関図
名前 解説
ブラン・スターク スターク家に仕えてからは常にブランの元にいて姉のように面倒を見るようになっている。ブランが北へ向かう旅へ同行するが、オシャはリコンの安全のため、壁の向こうまでは同行せずに途中で抜けた。
リコン・スターク ブラン同様、姉のように面倒を見る。だがブランたちと別れた後は共にアンバー家に囚われ、オシャもリコンもラムジーに殺されることになってしまう。
メイスター・ルーウィン ずっと昔からスターク家に仕えるメイスター。S2で鉄諸島の兵に刺されて瀕死になり、死の間際にオシャに「北へ向かえ」と言い、ブランとリコンの今後をオシャに託す。もう助からない状態のためオシャが安楽死させた。
ロブ・スターク ブランを誘拐しようとしたがロブとシオンに阻止され、命を奪わない代わりに以降はスターク家に仕えるように命令される。
シオン・グレイジョイ ロブ同様、オシャのブラン誘拐現場にいた。シオンがスターク家を裏切りウィンターフェルを占領した時はオシャは色仕掛けでシオンを騙し、ブラン、リコンを救出して逃げ出した。
ラムジー・ボルトン ブラン、リード、ミーラと別れてからはリコンと共に行動していたが、アンバー家に捕らえられ、そのままラムジーに差し出される。誘惑して殺そうとするも逆に首を刺されて殺されてしまう。
ミーラ・リード ジョジェン・リードの姉。初対面時の印象は互いに最悪だが、ブランに仲良くするように言われてからは衝突しないようになる。

シーズン1での動向

6話

金目的でブランを襲うがロブに殺されそうになったため観念し、召使いになると命乞い、ロブに許される。

7話

ロブの部下になり働く。シオンに「お前は幸運だ」と嫌味を言われるがシオンを馬鹿にする。ホワイトウォーカーを恐れて南の果てに行くはずだったとルーウィンに話す。

8話

ブランと交流。以降、ほとんどいつも従者として付き従う。壁の向こうには怖ろしいものがいる、ロブが向かうべきは南ではなく北だとブランに教える。

10話

ブランの夢の話を聞いてウィンターフェルの地下墓所へ。幽霊など信じないと言うがリコンの狼シャギードッグがいたので驚いて「その犬は犬小屋に繋いでおくべき」と狼狽する。

シーズン2での動向

1話

ブラン、ホーダーと共に、ブランが夢で見た森の泉の場所へ。

5話

ブランから夢についての相談を受ける。

6話

シオンに「仕えさせてください」と膝を折る。「海が来てこの城が溺れるのはブランの夢の通りだが、自分は溺れません」とブランに言って生き延びることを決意。シオンの夜の相手をすると言って誘惑する。シオンに抱かれた後、シオンが寝ている間に寝床を抜けだしてブラン、リコン、ホーダー、サマーを連れてウィンターフェルを抜けだす。

7話

ブラン、リコン、ホーダーたちとシオンから逃げる。

8話

食糧を持ってウィンターフェルの地下墓地へ入っていくのをルーウィンに見られる。ブランとリコンには農場にいた孤児2人が殺されたことを黙っていることにする。

10話

ブラン、リコン、ホーダーらを連れて焼け落ちたウィンターフェルへ戻る。瀕死のルーウィンにはブランとリコンの家族へ会うため南へ行くと言うが、ルーウィンからは南は危険だから北の壁のジョンを頼れと言われる。ルーウィンから「ブランたちを自分の同胞(野人)から守るのだ」と言われると「同胞たちは愛していません」と返す。ナイフでルーウィンを安楽死させる。

シーズン3での動向

2話

ブラン、リコン、ホーダー、サマーを連れて北の壁を目指す。ブランに近づいたジョジェンに武器を突きつけるがミーラに背後を取られて拘束される。

6話

ミーラと喧嘩になる。ブランが仲裁に入った後はミーラと仲良くするように努め始める。

7話

ジョジェンが雑務をしないことに不満をこぼす。ジョジェンが壁の向こうに行くのだと言うので強く反抗する。北の恐ろしさを知らないとブランとジョジェンに声を荒げる。かつてオシャには夫がいたが、それはホワイトウォーカーになってしまい、オシャの手で殺すおとになってしまたという悲劇を二人に話し、「北は人の生きられる場所でない」と言う。

9話

ブランからどうやって壁の南に来たのかと聞かれる。ブランの他人や動物を操る能力を見ても壁の北へは行かないと言う。一緒に来る必要はないとブランから言われ、リコンを連れてアンバー家へ行くいくことに。

シーズン6での動向

3話

ブランたちと別れてから久しぶりの登場。アンバー家が治めるラスト・ハース城へと向かったのだが、スモールジョンがラムジー側につくことになったため、リコンと共にラムジーに手土産として貢がれてしまう。

4話

ラムジーと話す。ボルトンが怖ろしくないかと聞かれると「剥いだ後食べる?」と聞き、そうではないと分かると「なら大したことない」と言って、野人の方が残酷な文化を持っていることを話す。リコンを売るつもりだったと嘘をついてラムジーを油断させ、誘惑する。抱き合っている時にナイフで殺そうとする。しかし事前に察知していたラムジーはオシャの首元を貫き、オシャは死ぬ。

凡人の感想・ネタバレゲーム・オブ・スローンズ相関図付き登場人物解説>オシャ