ルース・ボルトン -ゲーム・オブ・スローンズ登場人物解説-

凡人の感想・ネタバレゲーム・オブ・スローンズ相関図付き登場人物解説>ルース・ボルトン

人物解説

北部ボルトン家当主。ボルトン家はスターク家に仕える。
エダードが処刑されてラニスターに復讐しようとするロブ・スタークに同行するが、実は裏切っておりタイウィン・ラニスターと通じていた。
シーズン3終盤でのフレイ家での婚儀に出席した時に本性を現し、ロブを剣で刺して殺害する。その後はタイウィンに北部総督に任命される。

シーズン4では息子のラムジーの功績を認めて落とし子ではなく「ボルトン」を名乗ることを認める。

シーズン5では妻のウォルダと子を作る。しかもウォルダが孕んだのは男児だった。これによりラムジーが自分が跡継ぎになれないのではないかという不安を募らせることになる

シーズン6ではラムジーがスタニスを倒したことを褒めるが、その間にサンサが逃げてしまったことは失態であり、このままではラムジーではなくウォルダの腹にいる子が跡継ぎになるとラムジーに言う。しかしこれもあってか、ラムジーは父ルースを邪魔だと考える。そしてラムジーに剣で刺されてルースは死ぬ。ウォルダ、それに生まれたばかりのその男児もラムジーによって生きたまま食わされてしまう。

相関図

ルース・ボルトンとその関わりの深い人物との相関図
名前 解説
ラムジー・ボルトン(スノウ) 実の息子だが落とし子。なのでジョンと同じくスノウの姓を持つ。しかしラムジーがモウトケイリンを落とした後、その功績を認めてボルトン姓を名乗ることを認める。しかしラムジーはルースの妻ウォルダが男児を身ごもっているために自分が後継者とならないのではないかと考え、邪魔になるルース、それにその妻と子もシーズン6で殺害してしまう。
ウォルダ ルースの太った妻。シーズン5時点でルースの子を身ごもっており、シーズン6では男児を出産する。しかしその男児のせいで後継者になれない可能性を危惧したラムジーにより子供共々、犬のエサにされてしまう。
ロブ・スターク ボルトン家はスターク家に忠誠を誓う家系だが、ルースはラニスターと通じてロブを裏切る。

シーズン2での動向

4話

ロブと共に夜襲をかけてラニスター軍に勝利。ボルトン家は敵の皮をはぐことを習わしにしているためそうするとロブに言うが、ロブの意向で拷問は禁じられる。

8話

使い鴉をウィンターフェルに送ったが全てかえって来ないことを伝える。あと2、3日で自分の落とし子(ラムジー・スノウ)が到着することも伝える。ロブからシオンだけは降参しても自分の元へ連れて来いと指示される。そこでタリサが来たので「マイレディ」と言って出ていく。

シーズン3での動向

1話

ロブと共に行動。ハレンホールの有様をリカード・カースターク公と共に見てラニスターに復讐を誓う。

2話

ロブにリヴァーランとウィンターフェルから来た2つの手紙を渡す。それぞれ、リヴァーランでキャトリンの父が死んだこと、ウィンターフェルは鉄諸島の兵たちに滅ぼされてブランとリコンは行方不明であることが書いてあった。

5話

ロックらが連れてきたブライエニーとジェイミーと会う。ブライエニーの縄をほどく。ジェイミーにブラックウォーターの戦いがあったがサーセイが無事であることを教える。

6話

ブライエニー、ジェイミーと会食。ジェイミーは「私の部下が犯した過ちへの償い(ジェイミーの右手を切り落としたこと)」として王都へ返すと言う。ただし、その右手を落としたのはボルトンではないとタイウィンに言うことを条件づける。反逆罪をかぶっているブライエニーの同行は許さないとも。

7話

ジェイミーが王都へ出立する前に「タイウィンによろしく言ってくれるだろうな?」と念を押す。

9話

エドミュアの婚儀に出席する。裏切り者であり、実は鎖帷子を着込んでいた。スタークへの虐殺が始まる直前にその場から矢を浴びないように逃げる。そしてロブに「ラニスター家からの挨拶だ」と言ってロブを刺して殺害する。

10話

ロブを殺した後、城の上から見下ろしスターク軍が虐殺されているのを眺める。タイウィンから北部総督に任命される。ウォルダーにブリンデンだけは逃げたということ、ロブにはいつも助言を無視されていたともウォルダーに話す。シオンがウィンターフェルを落として周囲を包囲された後、ロブが「シオンを渡せば鉄の民を許す」と言ったため鉄諸島の民はシオンを裏切ってラムジーに引き渡したという話をウォルダーに教える。

シーズン4での動向

2話

ラムジーのいるドレッドフォートへやってくる。ウォルダという太った現地妻をラムジーに紹介する。人が変わったようなシオンと会い、ベイロン・グレイジョイの人質として、無傷のままなら有用だったのに使えなくしたとラムジーを叱責して呆れる。シオンは実はブランとリコンを殺していないことを知る。ラムジーにブランとリコンを追うように命令する。

8話

シオンを使ってモウトケイリンを落としたラムジーの功績を認めてラムジー・スノウではなくラムジー・ボルトンを名乗ることを許す。

シーズン5での動向

3話

暴虐で支配しようとするラムジーに「暴力だけでは支配できん、他の家に結託されれば北部は維持できん」と忠告、後ろ盾だったタイウィン・ラニスターはもういない、助けに来るとは思うなと言う。同盟を広げるため花嫁をもらえという。その相手はサンサだった。サンサをウィンターフェルに迎えた後ピーターと会話。サーセイからの手紙を渡す。

5話

サンサ、ラムジー、ウォルダと食事をする。ウォルダに男児が出来たという報告をする。ラムジーの母親は農家の娘だったという話をする。当時、ラムジーは捨てようと思ったが「こうなってくれると思った」から育てたのだと言う。スタニスを倒すために力を貸してくれとラムジーに言う。

6話

ラムジーとサンサの結婚式を仕切る。

8話

ラムジーと対スタニスの作戦会議を行う。

シーズン6での動向

1話

ラムジーの戦の采配を褒める。だがサンサとシオンが逃がす隙を作ったことは失態だとする。サンサがいなければ跡継ぎは作れず、ラムジーではなくウォルダが身ごもっている子が跡継ぎになるとラムジーに言う。

2話

ブライエニーにより追っ手が殺されたことを知る。ラムジーにジョンを殺すように提案されるが、ナイツウォッチ総帥を殺せば北部の多くを敵に回す、ラムジーに「狂犬と思われればろくな死に方はしないぞ」と忠告。男児が生まれたと知らされるも、ラムジーに「長男はお前に変わりはない」と言うが、直後ラムジーに刺殺される。

凡人の感想・ネタバレゲーム・オブ・スローンズ相関図付き登場人物解説>ルース・ボルトン