ユーロン・グレイジョイ -ゲーム・オブ・スローンズ登場人物解説-

凡人の感想・ネタバレゲーム・オブ・スローンズ相関図付き登場人物解説>ユーロン・グレイジョイ

人物解説

鉄諸島の領主ベイロン・グレイジョイの弟。ずっと行方不明になっていたが、シーズン6で突然ベイロンの前に現れ、ベイロンを殺して自分が王にならんとする。悪辣な性質だが、豪胆で有能。
甥のシオン、姪のヤーラに対しては敵対的。ヤーラが女王になるところに割って入ってきて、自分が鉄諸島の王となってしまう。シオンとヤーラがデナーリスらと手を組もうとしたのに対してユーロンはサーセイ・ラニスター側につく。サーセイのことは美しい女性として気に入っており、自分のものにしたがっている。

シーズン7では王都の海軍を率いることになる。ヤーラとエラリア・サンドをサーセイの前に差し出して満足させる。そして王都の戦力を整えるため、金で雇った大軍を海の向こうから連れてきた。

相関図

ユーロン・グレイジョイとその関わりの深い人物との相関図
名前 解説
ベイロン・グレイジョイ ユーロンの兄。しかし「もう兄上の時代は終わった」と言って殺害してしまう。
シオン・グレイジョイ ベイロンの息子なのでユーロンの甥。「チビのシオン」と言って馬鹿にする。
ヤーラ・グレイジョイ ベイロンの娘でユーロンの姪。本来ならばベイロン亡き後に女王となるはずだったがユーロンが邪魔をして王となった。デナーリスと同盟を結んだヤーラを襲撃して勝利し、王都へ連行した。
サーセイ・ラニスター シーズン7時点では王都の女王として君臨。ユーロンが手を結ぶ。7王国1と言われる美しさをユーロンは気に入っており、自分のものにしたがっている。シーズン7ではユーロンと共謀してデナーリスらを騙した。デナーリス、ジョンらが行う北の戦いに参加する気はなく、ユーロンに大軍を連れて来てもらい戦いの準備を進める決断をする。

シーズン6での動向

2話

兄、ベイロンがいる城に突如現れもう兄上の時代は終わったと言い、ベイロンを殺害してしまう。

5話

ヤーラが女王に名乗り出たところで突然現れてシオンを馬鹿にする。自分は世界を見てきた、海を渡ってデナーリスを妻とするという野望を語る。すると民たちはユーロンを支持し始める。その後祝福を受け海水で溺れかけるが蘇生する。そして正式に鉄諸島の王となる。しかしヤーラもシオンが先に出港したのを知り「生かしてはおけない」と言い、兵に船を作らせ始める。

シーズン7での動向

1話

サーセイの味方になり大軍を連れてキングズランディングへ上陸。かつてのグレイジョイの反乱でジェイミーに負けたから自由な身となって楽しんだとジェイミーに話す。何が望みかとサーセイに聞かれて「この世で最も美しい女」つまりサーセイだと答える。断られたため、「今度会う時は必ず贈り物を持ってくる」とサーセイに約束。

2話

ヤーラたち黒鉄船団を襲撃。ヤーラを打ち負かし勝利する。シオンを挑発するが、ヘタレて海へ飛び込んで逃げてしまうのでユーロンは馬鹿にする。

3話

ヤーラとエラリアたちを引き連れてキングズランディングへ向かい、前に言っていた通り手土産としてサーセイの前に突き出す。相変わらずサーセイを望む。海軍を率いることになり、陸軍を率いるジェイミーを挑発する。

7話

サーセイと共に会合の場に現れる。ティリオンが口火を切ろうとしたところでシオンを挑発して出鼻をくじく。死者を見て慄き、泳げるのか?と聞く。ジョンが泳げないと答えると「良かった」と言い、故郷に戻ってこもると言って去ってしまう。しかし実はこれはサーセイと打ち合わせていた演技であり、海の向こうからサーセイが金で買った大軍を引き連れてくるというのが真実だった。

凡人の感想・ネタバレゲーム・オブ・スローンズ相関図付き登場人物解説>ユーロン・グレイジョイ