ホット・パイ -ゲーム・オブ・スローンズ登場人物解説-

凡人の感想・ネタバレゲーム・オブ・スローンズ相関図付き登場人物解説>ホット・パイ

人物解説

シーズン1で登場。おしゃべりな太った少年。王都キングズランディングにおいて、ナイツウォッチ(冥夜の守人)の人員募集係のヨーレンに連れられて壁に行くことになっていた。父エダード・スタークが反逆者として処刑されたために身分を隠したうえで壁に行くことになったアリア・スタークと出会う。初対面では喧嘩になるが、以降はアリアとは友人に。同じく壁送りになることになったジェンドリーとも共に行動することが多い。

シーズン2ではヨーレンが王都の追っ手に殺されてしまい、ハレンホールへと収容される。ここでアリアがジャクェン・フ=ガーの力を借りてハレンホールから脱出しようとしたため、便乗する。

シーズン3ではアリア、ジェンドリーと共に行動していたが、そこでブラザーフッド(旗標なき兄弟団)と遭遇する。彼らにより旅籠に連れられていき、食事を提供される。そしてその旅籠でパンを焼いたところ気に入られ、そのままそこで働くことに。

シーズン4ではサンサを追っているブライエニー&ポドリックが旅籠に立ち寄る。そこでサンサの事は知らないがアリアとは以前行動を共にしていたという情報を提供する。

シーズン5ではそのアリアがブレーヴォスから戻ってきてホット・パイのいる旅籠に立ち寄った。アリアはしばらく北部にいなかったため情勢を知らず、ホット・パイから聞いてはじめて、すでにボルトンが滅んだことやジョンが北の王になっていたことを知った。

相関図

ホット・パイとその関わりの深い人物との相関図
名前 解説
アリア・スターク シーズン1でエダード・スターク処刑後に身を隠すために壁へ行くことになった。ホット・パイも壁送りになるところだったのでそこで知り合う。シーズン3で旅籠で別れるまでずっと行動を共にする。
ロミー ホット・パイと同じ境遇の少年。ジェンドリーを追ってきた王都の騎士により殺害されてしまう。
ジェンドリー ロバートの落とし子だが、その身分を隠して生きるためにアリア同様に壁へ行くはずだった青年。アリア、ジェンドリー、ホット・パイは共に行動することが多い。
ヨーレン アリアやホット・パイを壁まで連れていくはずだったナイツウォッチの人員募集係。ジェンドリー抹殺のために追ってきたエイモリー・ローチらに殺されてしまう。
ブライエニー シーズン4でサンサを捜すためにポドリックと共に行動し、ホット・パイのいる旅籠に立ち寄る。ホット・パイのおしゃべりにうんざりするが、ホット・パイからアリアの情報を聞く。

シーズン1での動向

10話

身分を隠したアリアと出会う。アリアを脅すが剣を突きつけられて狼狽える。

シーズン2での動向

2話

アリア、ロミーと共にジェンドリーについて噂話をする。

3話

アリア、ジェンドリーと共にヨーレンやロミーが殺されるのを目撃する。その後ラニスターに囚われてハレンホールへ。

4話

アリア、ジェンドリーらと共にハレンホールに囚われる。捕虜のうち一人が毎日堂々と前にいるから拷問されないと考えて真似したが、その人物が選ばれてしまったため驚き、失禁してしまう。

8話

アリアにジャクエンの居場所を聞かれたので答える。アリアがジャクエンの力を借りて脱走するのに便乗してハレンホールから脱走。

10話

アリア、ジェンドリーらと共にハレンホールを脱出して逃げる。

シーズン3での動向

2話

アリア、ジェンドリーと共に歩いて北に向かう。ソロスたちブラザーフッドと会うと、ブラザーフッドを殺そうとしているグレガーと関わり合いたくないと言うがアンガイの矢に脅されて仕方なくソロスらに従うことに。

3話

パンを焼いたところ、宿場の女将に気に入られたらしく、宿場で働くことになる。そのためアリアとジェンドリーとは別れる。アリアに狼の形のパンを贈り、「おいしい」と言われる。

シーズン4での動向

7話

久しぶりに登場。作ったパイのことをブライエニーとポドリックに熱く語りはじめたのでうんざりされる。ブライエニーが捜しているのはサンサスタークと聞いてアリアのことを話す。パンを渡してくれと言ってブライエニーに狼のパンを渡す。以前アリアに渡したものより形が綺麗で上達していた。

シーズン7での動向

2話

アリアに店で再会。ボルトンがすでにウィンターフェルにおらずスターク家が奪還したこと、ジョンが北の王に就いたことをアリアに教える。アリアに別れ際「死なないで」と気遣われる。

凡人の感想・ネタバレゲーム・オブ・スローンズ相関図付き登場人物解説>ホット・パイ