バリスタン・セルミー -ゲーム・オブ・スローンズ登場人物解説-

凡人の感想・ネタバレゲーム・オブ・スローンズ相関図付き登場人物解説>バリスタン・セルミー

人物解説

本編開始時点で、王都キングズランディングにおいて王のロバート・バラシオンを守る王の盾の長。老齢だが剣の腕前は健在。
しかしロバート王が死んだ後、自分が好きなように人事を行うサーセイ・ラニスターにより王の盾を解雇されてしまう。それ以降しばらく出番はないが、シーズン3でデナーリスの元に現れて仕えるようになる。

それからはジョラー、ダーリオと並ぶデナーリスの重臣となってデナーリスを支える。
しかしシーズン5でデナーリスへの反逆者であるハーピーの息子たちとの戦いで敵に囲まれ、死んでしまう。

相関図

バリスタン・セルミーとその関わりの深い人物との相関図
名前 解説
ロバート・バラシオン バリスタンが仕えた王。シーズン1の3話では酒を飲みながら武勇伝を語り合う。バリスタンはロバートの事故死を自分が止められなかったことを悔やむ。
サーセイ・ラニスター ロバート死後にバリスタンを王の盾を解雇した。
デナーリス・ターガリエン 王の盾を解雇された後のバリスタンはデナーリスの元へ行き仕えることにした。シーズン3では黒魔術師の手からデナーリスを守る。デナーリスもバリスタンをジョラーやダーリオ同様に重用した。
ジョラー・モーモント バリスタンよりもずっと以前からデナーリスに仕える。後から仕えるようになったバリスタンが何かを決断しようとすると苛立ちを見せるシーンがある。シーズン4ではジョラーがかつてヴァリスのスパイだったということを知ってデナーリスに伝える。これによりジョラーはしばらくデナーリスの元を離れることになる。
グレイ・ワーム デナーリスの軍、アンサリード(穢れなき軍団)の長。シーズン5でミーリーンにおいてデナーリスへの反逆者ハーピーの息子たちに殺されそうになったところをバリスタンが救出するが、代わりにバリスタンが殺されてしまうことになる。

シーズン1での動向

3話

ロバートの食事の場でロバートの栄光を聞く。

5話

グレガーに殺されたヒューの遺体を前に不運だったと嘆く。エダードにバリスタンの父は立派だったと讃えられる。

7話

狩りに同行していながらロバートを救えなかったことを悔やむ。ロバートの死後、エダードに託され遺書を読み上げる。

8話

サーセイに王の盾を解雇され隠居するように言われる。しかし死ぬ時も騎士だと言い反抗。剣をジョフリーの前に投げ捨て「その玉座に加えるがいい」と言い出ていく。

シーズン3での動向

1話

黒魔導士の罠にかかりそうになったデナーリスを助け、デナーリスに仕えるようになる。

3話

デナーリス、ジョラーと共に行動。レイガー・ターガリエンは素晴らしい人間だったとデナーリスに話す。

4話

ジョラーと共に奴隷商人と交渉するデナーリスを見守る。

5話

ジョラーにロバートは酷い王だった。仕えて時間を無駄にした、信じる者のために戦いたかったと話す。また、王の盾の総帥ででありながら、ロバートの反乱時にはロバートの敵だったため小評議会に出席は許されず、ロバートは自分を軽んじていたとも。デナーリスを王として擁立したいのはジョラーと同じだが、ジョラーは奴隷を売ったことで知られるため、側近にはふさわしくないと言ったところジョラーは気を悪くし、あなたは新参者だと言われる。

7話

ジョラーと共にデナーリスのそばに仕える。

8話

セカンドサンズの面々をデナーリスの元へ連れてくる。デナーリスに戦になったらメロを最初に殺せと命令される。

9話

ジョラー、ダーリオがユンカイに忍び込むので自分もと言うが、クイーンズガードは女王のそばにとジョラーに言われる。

シーズン4での動向

1話

姿が見えないダーリオとグレイワームが賭けをしているとデナーリスに教える。

3話

ミーリーンの代表との一騎打ちを名乗り出るがすぐそばにいてほしいとデナーリスに拒否される。

4話

デナーリスが親方たちを殺そうとするので止めようとするが拒否される。

5話

ジョフリーが死に、デナーリスらは海軍を得たため、今勝機があるとデナーリスに進言。

8話

ミーリーンの町にいたところ、奴隷から手紙を受け取る。それはロバートの署名のある王の赦免状だった。これはタイウィンがデナーリスらに混乱をもたらすために仕組んだもの。これによりジョラーは元々ヴァリスのスパイだったということを知る。その後ジョラーは激怒したデナーリスにより追放される。

10話

デナーリスの警護をする。奴隷が親方と再度契約することを認めると親方たちはこれを利用するだろうと警告する。

シーズン5での動向

2話

デナーリスに、「狂王は反逆者を全て殺そうとしたあげくに破滅した」という話をして、反逆者にも冷静に対応するように諭す。そのためデナーリスは感情を抑え法を遵守することをバリスタンに約束する。

4話

デナーリスにレイガー・ターガリエンの話をする。その後町でグレイワームがハーピーの息子たちと戦っているところに駆けつけ助勢する。一人で複数を相手に戦うが、多勢に無勢となり、剣を胸に突き立てられ殺されてしまう。

凡人の感想・ネタバレゲーム・オブ・スローンズ相関図付き登場人物解説>バリスタン・セルミー